嚥下障害の食事は調理に時間がかかります


嚥下障害を患うと肺の内部が蝕まれるため血流が悪くなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に加算されていきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症を発生指せる要因となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。故に的確な介護食療法を設けて、一定の水分・食材の硬さ・蛋白質・エネルギーを維持することが必要となります。嚥下障害時の介護食療法の大元の趣旨は、なるべく嚥下障害を悪化指せない事と、健康状態の維持になります。透析の要らない保存期のうちは、介護食療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。更に言えば、透析開始後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、介護食療法は大きな意味を持ちます。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)・脂質があります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)に限っては分解されても7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。そのため、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)の制限が必要となります。体内機能を存続するためのたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)の最低摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分に変換した場合30~40gとなります。肉や魚その他卵や豆腐はすごくな量のたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものには意外にたくさんのたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)がふくまれているのです。オヤツは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、必要以上にたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)を摂取してしまいます。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個に近いたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)がふくまれます。介護食によって獲得し立たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)は、体内で代謝され、要らないものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓でろ過され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。過度にたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を保つためにも、日頃からたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)の摂取量には目を配る必要があります。とは言っても、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を含んだ介護食をつくる場合、細かく切り分けて水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、その種類や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉が衰えてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの量が高まるため、クレアチニン値が低くなります。嚥下障害がひどいときや尿量が少なすぎるときは、食材の硬さのみでなく水分の調整ももとめられます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品自体が持つ全ての水分と考えます。嚥下障害の程度が軽かったり存在しないのであれば食材の硬さの制限のみ行なう事となります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量から医師が特定します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので独断で制限を行なう事は危険です。嚥下障害に罹っても介護食療法を厳守すれば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、嚥下障害の進行を遅らせることが出来ます。だいぶ効果が出た場合には、嚥下障害が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせられるようになります。介護食療法は難しいと思われやすいですが、決して制限の内容が難しいと言う事ではないのです。介護食療法は、患者が自ら意欲的に取り組める最善の手法になります。嚥下障害でお困りの方に適した、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)の少な目な介護食品が売られています。こうした製品をうまく活用する事で徹底した介護食管理を行えます。腎臓機能が下がっていくに従い、より厳しく介護食を管理しないとならない状況に陥ります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限ももとめられます。介護食内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の指導をうけて決めるようにしましょう。
よく読まれてるサイト:介護食宅配